ふかづめえぶりでー

見たこと聞いたことまんま書くブログ

1/28「榊原徹士のテツ学」行ってきました

MCの光永さんが「はい、どうもぉぉぉ」と言いながら始まるのかと思ったら、流れてきたのは


Official髭男dismの「Pretender」

右側の二階部分の入り口から、歌いながら降りてくる榊原徹士さん。
歌い終わると、さーっと退場する榊原さん。

そして、Bruno Mars の「Runaway baby」(この曲好きなんです)でノリノリで登場した光永さんが一通り説明した後、改めて榊原さん登場。

光永:歌から始まってびっくり
榊原:『上から出て』って言われた。声ギリギリ。
光永:マネージャーさんに『榊原緊張してます』って言われた(笑)

そして、1回目のゲストとして、しゅんしゅんクリニックPさん登場。

しゅんP:マネすごい!てっちゃんが歌い終わった後、袖で一番拍手してた。うちらのマネはそんなのない。
榊原:しゅんPと光永が芸人してて拍手したい。

今回は、しゅんPさんとコラボということで、まずしゅんPさんを知っているかとアンケート。
存じ上げなかったお客さんに、
榊原:今日覚えて帰ってもらえれば。
しゅんP:帰ってください。(笑)
 覚える前に帰らせようとするしゅんPさん。

榊原:(しゅんPさんのSNSで)どうして誘ってくれなかったの?

光永:5分早かったら、誘えたのに
榊原:一人で吉野家食べながら、そのSNS見てた。
頼んだのは牛すき鍋膳だそうです。

吉本坂46のあるあるですが、こんな感じのをしゅんPさんの例の曲で歌ってました。
・みんな動画撮るから、オフになるヒマない
・みんな忙しすぎて全員揃うの本番当日
・ケータリングにたかる
・きょんとてっちゃん、ダンスこけがち

光永:沖縄でも、アニラでも転んでたね。
榊原:さらっとこけた
光永:気づいてないところでこける

榊原:(オフになる暇ないは)みんなyoutube載せるから。終わった瞬間楽屋に戻るとフーッってなる
しゅんP:アニバーサリーかっこよくなかったですか?

否定の疑問形みたいな形で聞くから、「かっこよくなかった」といじられるしゅんPさん

しゅんP:この間、おばたと話してた時、CC5の話になって、(おばたさん、鰻さん)3人目の金田でキャーってなって、最後てっちゃんが『お前ら、盛り上がってんかー』で鳥肌たった。(それに比べて)俺何してんだろうって。

しゅんPもやればいい、免疫つけようみたいな流れから、やることに。
しゅんP:お前ら、盛り上がってんかー!
 それなりにオー!盛り上がるも、
榊原:お前ら!盛り上がってんかぁぁぁぁー!
しゅんP:てつの方が大きい
光永:盛り上がってる、って思ってないからでしょ

再度やるしゅんPさん、それなりに観客が湧くと、
しゅんP:それではお聞きください。『今夜はええやん』
榊原:なんでやねん

しゅんP:仲良くなり始めたのは
榊原:覚えてない
しゅんP:てっちゃんは、『芸人とトーク楽しい。ボケたい。カッコいい感じでいたくない』って言ってて、芸人っぽい感じのマインド持ってると思った。それで仲良くなったから、タメ語使いましょうって。
榊原:気ぬいた時は敬語になる。『これこれこうです』『わかりました』みたいな。
光永:業務命令だからいいじゃない
しゅんP:二人はどう?
光永:ごりタメ語。てっちゃんが二歳上で、トントンで。しゅんpは、(後輩だから)ひな吉じゃなくて姐さんで呼ばなきゃだめ。
 それでP吉とかになる。
しゅんP:てっちゃんとは帰り打ち上げで仲良くなった。
榊原:年末飲みにいったんですよ。それで、しゅんPさんぐでぇってなって『てっちゃんお水頼む』って。
しゅんP: シャカリキkeytalkの(ここら辺分からず)

光永: 自分の友だち呼べるくらい仲いいんだ。
ANONさんと光永さんとシングルさんと榊原さんで飲んだとも話してました。
しゅんP:誰と仲良い?
榊原:戦隊が多い。戦隊、リアン、吉本坂と三つあるので。もちろん、役者も。

戦隊の演技がぬけないという話に。
榊原:駆け込んだ時のポーズが(と実演)、終わりがなぜか手がグーになるんですよ。戦闘態勢に入る。うちのレッドそうだった。初めての戦隊からの子は、そういうの多い。「イテッ」「うわー」も(戦隊演技風の実演)

しゅんP:(握手会で)釣るときは?
 P吉さんをお客さんに実演して、頭ぽんぽん
榊原:これ(頭ぽんぽん)
しゅんP:好きになった
榊原:(しゅんPと)よくやる遊びあるんですよ。やる愛の最後で倒れた時に、(観客に背を向けて)しゅんPにシュッやってる。

 これも、実演。いきなり最後に入れなくて、かなり前の方からダンスし始めるしゅんPに
光永: そこから?(笑)
榊原:気ぬくと、疲れて見てくれんし。

ちなみにこんなネタもありました。
・しゅんPダンス50才ふける
光永のインスタ芸人感ゼロ

しゅんP:(リリイベでまりこりんとセンターやった時)本番で、てっちゃんいきなりガッって来て、 俳優のめっちゃかっこいいって思った
榊原:まりこりんとは打ち合わせした

そして、「俳優あるある」をやりたいということで、しゅんPさんの音楽で披露することに。
・顔合わせ気合い入れてボケて滑って後悔
・2年前の流行りは黒ハット、今は丸メガネ
・私服は黒服、マスクはピッタ
・集合写真はこう(手を外側にあげるポーズ)

 


・脇汗大量
・地方公演遊びがち
・アドリブしたあと、テンパりがち

しゅんP:こっちの方がクオリティ高い
徹士:ポーズは外側にこうしがちなんですよ。(地方公演は)遊んでますからね。25歳の時とか大阪でお酒のみまんま2公演とか。みんな目ギラギラ。写真を撮る時アプリは Ulike、 お気に入りのブランドはohji Yamamoto 稽古着はアディダス

榊原:街で黒ピッタにハット、丸メガネの人がいたら役者です。昨日丸の内線で、黒ハットの人がいて、まだ流行ってる人いたんだ」
しゅんP:最近の2,5すごい
榊原:しゅんP誘っても来てくれなかった。
しゅんP:返事したよ。でも、ライブが入って行けないって連絡したじゃない。次あったら
榊原:あーそうですか(棒)
しゅんP:僕星見る
 ANONさんと見た光永さんは、四季くんの物真似を色々披露
榊原:何しょってんの。人に物真似されるのはずかしい」
 というわけで、しゅんPさんはここまで。
榊原:しゅんPとはやりたいことやった。満足。二度と会うことないでしょう(笑)


続いてのゲストはアイロンヘッドさん
榊原:西村さん(コットン)からお聞きして、インスタやyoutube見てハマったので呼んだ。
 そんなお二人は、榊原さんについては
辻井:情報ない
ナポリ:リアンくらいしか。
 でも、話してみると
辻井:めっちゃ、いい奴。初めてだけど『てっちゃん』ってよべそう
光永:(辻井さんと榊原さんが)4歳しかかわらんの?うっそー
 アイロンヘッドさんといえば、
榊原:旗揚げ、させてもらいたい。
 というわけで、さっそく用意された赤と白の旗ですが
榊原:旗ちっちゃ
 榊原さんは、大きい旗、小さい旗(いつもは小さい旗らしいです)を持つナポリさん。
 まずは、よくやる旗揚げみたいに、「赤あげて、白下げて、白下げないで――」みたいなのを辻井さんの声に合わせてやるも
辻井:『赤あげないで』は上げないになるんです
榊原:そういうことか
辻井:(思ったより初歩で躓く榊原さんに)そんな身体言うこときかんの?」

 というわけで、音楽に合わせて旗揚げを披露。
ナポリ:てっちゃんの方が演技力あって面白い」
辻井:君の帰り待ってるでが」
榊原:体が間違ってる。ナポリさんに褒められて嬉しい」
 窓を開けるで、両開きの窓を開けたり、拳を上げる所など、表現力が役者さんでした。

 最後のトークというところで、再びしゅんPさん登場。
ナポリ:全ての色が揃った。
光永:てつがやりたいことあるって。
榊原:辻井さん音感あるって聞いて、歌詞書いたからまるっと渡した。2日前くらいに。いったいどういうメロディが。
 とにかく、辻井さんことが大好きらしい榊原さん
榊原:インスタ、鮭のフライとか見た
辻井:そんなん見なくていいの。
しゅん:歌すごくて色々すごいコンビ。

 そして、榊原さんが書いた歌詞が……。
光永:全部英語やねん
辻井:無理無理無理
榊原:英語で歌いたいじゃん
ナポリ:英語から歌詞作るなんてB'zとおんなじやん
辻井:RYって何って。(Are YOUの略と聞いて)マジ助かった。五感で覚えればいいのか
ナポリ:理解するまでに五分かかる。

 というわけで、辻井さんのギターで日本語版を披露しました。

榊原:不倫が流行ったりして、こういう歌を書きたいと思った。(なぜかしゅんPさんと向かい合わせに)なんでしゅんPさんとスクラム。英語で歌っていい?
ナポリ 英語→日本語→英語に直すの?

歌う前に「へぇへぇへぇ」と謎の笑いをする榊原さん
ナポリ:緊張したら、笑うタイプ

しゅんP:ナぽ吉、P吉
辻井:つっちゃんってきまっとる。
榊原:(やり取りを聞いてなかったしゅんPさんに)何聞いてんの?ライブで自分の歌うたいたい。こういうことりょー吉におねがいします。
しゅんP:ライブの曲作れるね
辻井:こまるわ~
榊原:困った時は旗あげよー
辻井:元々英語できるの?
榊原:アメリカ住んでた。
ナポリ:最初に行ってください。低姿勢でいったのに。
榊原:アメリカの人に弱すぎ(笑)
しゅんP:僕はバックダンサーで。
榊原:この格好で?ナポリさんはライブの総合監修で。
ナポリ:この照明の色が悪いとか。
辻井:元・馬と魚のトニーフランクすごい、僕2日かかるところ、あいつ1分でできる。
ナポリ:短期間で作れるなんて、そこに愛あんの?
辻井:愛関係ない。スピード命
しゅんP:西村ヒロチョ
榊原:吉本すごいじゃないですか
辻井:楽器全部できる」
榊原:しゅんPはバックダンサーでお願いします。旗揚げ楽しいとは思わなかった。

終始、しゅんPさんがいじられている感じでした。
アイロンヘッドさんは、初めましてでしたが、アイロンヘッドさんとしゅんPさんのやり取りも新鮮で、あっという間の楽しい一時間でした。
旗揚げは、とにかく「役者さんだなぁ」と。早くも次のゲストが楽しみです。