ふかづめえぶりでー

見たこと聞いたことまんま書くブログ

舞台「夢王国と眠れる100人の王子様~on stage~」アヴィside大千秋楽カーテンコール

大千秋楽ということで、アンサンブルの方から順番に一人ずつご挨拶

 

・桜木さん(アンサンブル)

「15公演お疲れ様でした」と挨拶するものの、いきなりトップバッターということで「えー」「えー」と大分緊張された様子。何やら茶々を入れるマーチアに

アヴィ「しゅんさん、うるさいです」

 

・今野さん(アンサンブル)

人生初の舞台で、今までダンスしかやってなかったけど、演技や殺陣など色々な経験ができたと言ってました。

 

・長岡さん(アンサンブル)

「アクションアンサンブルで、アクションの補助など担当してて、ダンスは一切出ておりません。笑」

最高のパフォーマンスができてありがとうございました、と言ってました。

 

・飯塚さん(アンサンブル)

巻が入ったのかシンプルにあいさつされてました。

 

掛川さん(アンサンブル)

よほど緊張したのか、自己紹介の時に「●●と思います」と言ったのか、キャストがわらわらとツッコミに集まる。

 アヴィ「入社面接かよ!」

 マーチア「よそで使っていい?」

 

そしてキャストの挨拶に入るんですが

アヴィ「どういう順番か把握してないから、国ごとでいい?」

 

・佐藤友咲さん(ドーマウス)

ド「みんなのおやすみを無限回収~。(歓声に)ありがとうございマウス。みんなのこと大好きになりまして、夢ステ通して姫に感謝。

コールレスポンスで「マイラブ」と言ったら、「ユーサク!」と言ってほしいとのこと。会場の「ユーサク!」に

ド「うれしみ~」

マーチア「楽屋のキャラと違う」

 

・菊池修司さん(クロノ)

ク「海里(チェシャ猫役の三浦海里さん)の代わりに康介が一緒になって、色々やりながら楽しくやってきた。夢の国に来てください。僕ら……違う?」

 夢の国のくだりがあってるか、キャストの方を振り向いて確認する菊池さん

ク「アヴィが最後退場するときに言った『ボケっとすんな。いくぞ』をカッコよくやりたい」

 センターでいいですか?と照明さんも、センターにスポット当てて、カッコよく決めてました。

 

・白石康介さん(チェシャ猫)

チェ「みんな楽しかったかニャ?ありがとうございます。海里さんの気持ちも背負って演じさせていただきました。愛を噛みしめて……じゃないな、しっかり受け止めてがんばっていきたいです」

 

・上杉輝さん(マーチア)

がいう前に

アヴィ「以上です」

と、キュウレンジャーで南さんを飛ばすようなノリで上杉さんを飛ばすアヴィさん。

アヴィ「彼は上杉輝。通称まるちゃんです」

クロノ「生い立ちからかよ」

アヴィ「みんなで『まるちゃーん』と呼んであげてください」

観客「まるちゃーん」

マーチア「生まれは広島……。蝉、まるちゃん、ブレイブン?色々よばれてます。最年長で不安だったけど、みんな仲良くて、続くと思うので見に来てください。僕もやりたいことがあります」

アヴィ「やりたがり」

マーチア「女の子好きのキャラなんで、ボクが『かわいいお尻さわっていい?』って言ったら『いいよ』って」

アヴィ「すぐ警察いってください」

 で、コールレスポンスするも

マーチア「低い声なので、黄色いので」

 と仕切り直し。

マーチア「いいねー。かわ(噛む)」

アヴィ「やめちまえ!」

 

小林竜之さん(ハーツ)

ハ「キャピタに塩対応されてます。今日まで駆け抜けてうれしく思ってます。初参加の時から……何言うか忘れちゃった」

 観客から「かわいいー」の声

 

 次の三人が誰が出るか譲り合ってるので

アヴィ「じゃんけんでもしてろ

 

・鷹松宏一さん(キャピタ)

キャピタ「鷹松役の……」と言ってしまって、キャスト大笑い。

キ「初舞台でして、ハーツの塩対応は、大楽で砂糖対応……神対応だったと」

ハーツ「今まで本当に塩対応で、今日はちゃんとやるみたいなこと言ってくれたのに」

キ「からかった。ハーツの顔面白かった」

 

・吉澤翼さん(マッドハッター)

マ「夢ステ終わってしまいますが、終わりははじまり……」

マーチア「ざわついてるぞ」

キャピタが「きくちしゅうじ」とボソッと言って、クロノが「好きだねー」と言ってたけど、そのくだりがよくわからなかった。

マ「一人一人御礼を言いたいです。」

言えよ、と誰かのツッコミに

マ「後日、お礼を言います。終わりは始まりなので。本当にありがとうございました」

 

・シュニー(山中健太さん)

シ「今回前作は翔太だったので、愛を引き継いで演じようときめてやってきました」

なんで笑うんだよ、と観客にツッコミもありました。コールレスポンスは『お前たちはー』『下僕ー』

 

・グレイシア(高橋里央さん)

グ「雪の国は好きですか~?」

観客「大好き―」

グ「この三人でできたのも楽しくて、毎回違うような内容でした……よね?」

とフロストに聞くグレイシアさん

フ「大丈夫ですよ」

 

・フロスト(吉岡佑さん)

フ「里央と翔太……」

シュニー「健太!」

フ「健太で安心した。翔太も里央も弟として誇りに思う。僕よりもしっかりしてる。いつまでもいい弟であってほしい」

 

・ロッソ(古谷大和さん)

新しい経験と巡り合って、舞台もみんなの力で支えられた、みたいな、唯一きちんとした挨拶をされてました。

 

・ダグラス(小沼将太さん)

ダ「無事欠けることなく終わった。いい千秋楽だった。やりたいことやろうかなと。ロッソのコールレスポンスやりたいな」

アヴィ「上にいかねぇのか?」

 結局そのままの場所でやることに

ダ「ダグラス!」観客「ダグラス!」

ダ「ナスナス!」観客「ナスナス!」

ダ「ダグラス!」観客「ダグラス!」

ダ「えーっと……」

アヴィ「計画しろ!」

 アヴィが後ろからどついて終了

アヴィ「ナスナスってなんや!」

 

・キエル(竹中凌平さん)

最初の挨拶にアヴィが「今?」って突っ込んでたけど分からず

キ「今後とも夢ステ夢100キエルを愛してくれるように最後は僕も『せーの』で言ったら『たぶんね』と返してください」

クロノ「どういうこと?」

アヴィ「今のマジまんじって言う所や」

 

・アヴィ(榊原徹士さん)

改めて、アンサンブルの皆さんに拍手。

並びに王子がいて成り立ってるから王子たちに拍手。

最後はみなさんが来て舞台を作り上げたのでご自身と全員に拍手

「必ず何かあって山あり谷ありでしたが、スタッフキャスト一丸となって作り上げました。最後締めさせていただきます。『ありがとうございました』をみなさんも一緒に」

キャスト「ありがとうございました!」

アヴィ「みなさんも言うんですよ」

そして、全員で言って退場しました。最後主演二人で挨拶するんですが、その際マーチアが落とした黄色い花を拾って差して戻る徹士さん。

 

<トリプルアンコ>

アヴィ「我々一同明日からがんばっていきますので、やりたいことをやってください。最後は、『王子様』で」

アヴィ「夢王国と眠れる100人の」

観客「王子様!」

 

で終わりました。フロストがまた落ちてた黄色い花を頭に飾ってました。