ふかづめえぶりでー

見たこと聞いたことまんま書くブログ

ガチ人狼ライブ22.6.29「僕が正しいこと言ってたから、初日の投票の時に『長い』って言ったんですよ。残念だったね!」

村開始前や幕間や終了後のトークは省いてます。
言葉も要約したり、自分用に柔らかく置き換えて書いている部分もあります。
席順(以下敬称略)
1林、2佐藤、3中澤、4岸、5森本、6岡部、7和田、8寺内、9小林

第一日目『パッションVSマグマ』ネルソンズの争い

もはやおなじみラン白だすか出さないか問題


開始早々
占い師です!
と、手を挙げて立ち上がったのは佐藤さんだった。
「暴れすぎじゃないですか?みんなが一致団結して方向性決める時に」
和田さんを筆頭に戸惑い気味なみなさん。
「そこはつかなくていいかなと僕は思います。どうせ、それが分かってくるから」
と、言ったのは小林さん。
場を整理した上で、次は対抗が出るか。
「誰なんだー?」
「誰なんだー?と言ったってことは省吾(本鮪)さんじゃない」
「私ではない」
小林さんの問いに中澤さんが返した所で
「私です」
と対抗で占いCOしたのは森本さんだった。
「二人とも怪しいな。ラン白聞かないの?」
素直に感情を口にする和田さん。
狼と繋がる可能性を小林さんが示唆するも、
「狼は知らないでしょ?」
と、和田さんがピンと来てなかったので、寺内さんが説明し始める。
「もし狼が和田さんだった場合、占いが白って言ったら……」
「俺は狼じゃない」
和田さんに、例え話は通じなかったw それでも先輩に丁寧に説明するランパンプスのお二人。
そこに、
「二人とも追放しようよ」
と、言い出したのは林さんだ。
これには、「占いは大事」「強硬すぎる」「メリットがない」
などと言い出すランパンプスネルソンズと佐藤さん。
人狼が入っていたら、もちろんローラーでいいと思うけど。俺は(佐藤は)人狼ぽくないように見える」
と、占い真狂の可能性を示す森本さん。
「佐藤さん、飛び込み方は人狼ぽくはない」
これには小林さんも同意。
「佐藤さんと森本さんは、今人狼ぽいと思う人誰?その人はラン白じゃない」
ラン白を出さない代わりに、と寺内さんが提案する。
占い二人があげたのは岡部さんだった。
「僕決戦にあげてくださいよ。確実にあげてください」
岡部さんが、いつものように、自分を吊候補にあげる。
「絶対に違うのは和田。ラン白でもない。もう発言が人狼じゃない」
と、森本さん。これには、
「うまくなってるんですよ。このワード言っておけば白っぽさできるはこいつはできる男になったんで」
「いや、そうなんだよ。和田はそういうのを」
佐藤さんと林さんが言うと、
「じゃぁ、逆に怪しいです」
と、切り返した和田さんに、会場大笑い。
「二人とも(和田)占うのはどう?もし、黒ひけたらいい。俺は絶対白だと思う」
森本さんの提案に佐藤さんも了承。
霊媒出すか出さないかを決めないと。そこをどうするか」
「そこはもういいかな」
佐藤さんが霊媒のことを言いだすが、小林さんは出す気がなさそう。
「出すんですか?初日で」
びっくりする岸さん。
「占いの二人さ、真と狂じゃん。この感じだと、まだ人狼わかってないから、二人に絶対に追放する人選んでもらえば。それはギャンブルだから」
岡部さんの言葉に、
「ちょっと村っぽいね」
「相当強い意見言ってるよね」
とコメントする和田さんと森本さん。
「絶対追放じゃなくても、(吊対象)どっちか選ぶべきでもある」
小林さんのコメントに佐藤さんが提案。
「だったら、カベ君次の日二人で占って、カベ君のぞいて誰か絶対追放するとか」
「それやるなら、霊媒出した方がいい」
と、林さんが提案。
「もう霊媒でてこいよ」
森本さんの言葉で、COしたのは……。
和田「俺」
岸 「え?俺も俺も」
これには立ち上がるみなさん。
「絶っ対和田。岸は、さっき霊媒のタイミング気にしてた」
「そうっすよね。俺、霊媒はやめましょうよって」
興奮して決めつける佐藤さんに、岸さんものっかる。
人狼います。」
和田さんは、岸さんを指さす
「俺霊媒だもん。間違ってる。占い師の中に、人狼いる。嘘だ。お前、そんなことできないだろ」
岸さんにつめよる和田さん。その和田さんをはねのける岸さん。
「落ち着け和田」
さすがに岡部さんが、和田さんを羽交い絞めして取り押さえる。
「お前だ!」
「この興奮の仕方あやしい」
すっかり佐藤さんを仲間にできた岸さん。
「占い先どうする?」
ここでも冷静な森本さんに、和田さんが訴える。
「俺にしてください。俺にしてください!俺にしてください。お前さぁ、作家さんに何か言われたんだろw」
会場大笑い。また岸さんがはらいのける
「言われてねぇよ」
「ラン白言っていい状況だよ」
と、寺内さん。
わちゃわちゃする現場を小林さんが静かにさせた。
「ちょっといいですか?楽屋でどうでした?楽屋の感じ。役職決めてから結構しゃべりましたよね?どっちが緊張してたかなぁと思って」
「なんかねぇ、和田、歯磨いてた」
ここで笑いに走った林さんに、つめよろうとする和田さん
「Tシャツ着たり脱いだりしてた」
負けじと岸さん。
「じゃぁ、俺占ってください」
「いや、意味ないです」
和田さんの訴えを小林さんが却下する。
「狂人の可能性あるから」
寺内さんもこれには同調。
「ラン白どうする?」
と、森本さん。時間が迫っていることを示す照明が夕方ぽくなっていく。
ギリギリになって占い二人が出したラン白は
森本「よっちゃん」
佐藤さんは、隣の林さんに手をあてがう
「じゃぁ、端がラン白です。つまりこの四人の中に人狼いるんで」
「でも役職ローラーで。俺、占いからいっていいような気がする」
と、林さんと岡部さんが言うが、
「ぜったい和田。ぜっったい。和田森本さんです」
と、譲らない佐藤さんに、和田さんが切り出す。
「じゃぁ俺から追放していいよ」
「その言い方狂人ぽいかな」
そして、岡部さんが疑問を示した。
霊媒人狼入る?霊媒人狼入んないから。占いに人狼が入っているから」
佐藤さんはすっかり岸さん派だった。
「岸はそれできない。絶っ対」
「言われてんの。作家さんに」
と、まだ言う和田さんに対し、
「言われてない。鮪さん一個もしゃべってない」
相変わらず寡黙な鮪さんのことを指摘する岸さん。
「岸が人生でそんなことしたことがない」
「もうしゃべんな」
和田さんと岸さんで終了。

1VS1 岡部VS寺内


「じゃぁテラ」
「はい」
「これ絶対さぁそうだよね。だって人狼がさぁ、先に入ったから後で」
「その可能性はあります」
「だから、狂人と真が霊媒の方だと思う。だから占いから落としたい。間違えてると思う?」
前回と同じく、占いからいきたがる岡部さん。
「うわー、むずい」
「絶対そうだって」
「でも4人全員ローラーしたら、間に合ってないんです」
これも前回言っていたような気がする寺内さん。
「だって和田俺占ってくださいって言ったんだよ。絶対狂か真だよ。狂だから言ってんだよ。たぶん。俺は占いから落としたいと思う。みんなにも言って。俺は座るけど、お前しゃべりたいなら、しゃべっていいよ」
岡部さんがさっさと座ったので、取り残される寺内さん
「呼んだ?」
と、森本さんが立ち上がるけど、すごすごと座るw
「僕は霊媒からも考えてほしいと思います」

1VS1 森本VS和田


「もう1人いけるんすか?森本さんいいですか?」
林さんにごめんねと手を合わせる森本さんw
林さんが「いいいい」みたいに手を振る。
「あ、そっか」
1VS1が林さんの舞台と気付いた和田さんだったが、まぁまぁと森本さんが制す。
「あのね、最近ウケないから」
林さんの言葉に、会場大笑い
「森本さん、大分あやしいんすよ。森本さんが人狼で、先に占い師出てきたって可能性があって」
和田さんは、あれだけ佐藤さんから疑われていたのに、森本さんの方を疑っていた。
「もちろん言われるのは分かる」
「ただですよ。岸が、もし狂人なら、霊媒師で出てくる……その霊媒で待つ人じゃないんです。岸は。だからおかしいんです」
「確かに、おまえのパッションはすごい」
「分かります?俺。だから森本さん大分黒いんですよ」
「だとしたら、俺はね。岡部が黒く増してきてる。なぜかというと霊媒がきてから、すごい促してくる。占い側からいこうって。だから霊媒側に黒がいるからこそ動いてるんだろうなって俺は思ってる」
森本さんの話術にかかりそうになる和田さん。
「森本さん、俺大分今、森本さん、あやしくて。どうしたらいいですか?」
疑っている相手に相談するので、会場から笑いがw
「投票しろよ」
「でも、もし、それで本当に占い師だったら、もうホントこわいじゃないですか」
「信じれないんだろ?」
「なぜ岸があのタイミングで出たのかホント意味が分からないんですよ。占い師の時に出るんだったら……」
「本物の霊媒なんだよね?だとしたら、偽物だけど出たから」
「でも僕が本物なんですよ。なんなら俺が間違えたって思ったくらいなんですよ。霊媒師を。でも、岸がそんなことするわけない。でも……」
長くなってきたので、「いつ終わる?」と林さんに聞く森本さんw
和田さんは和田さんで寺内さんに、
人狼二人はつながってるの?」
と、聞いてたwうなづく寺内さんに
「じゃぁ、岸は人狼だ。岸は人狼で操られてるんだ」

投票


1佐藤

「俺は占い師からいっていいと思います。俺は突拍子もなくいった。で、それで狂人がくるのを待って、こねぇな。じゃぁ俺いこうといった。占い先を揃えようというのは、それで二人で白だよなというのを時間稼ごうとしてる森本さんが、絶対人狼。岸がやたら聞いてたのは、もしかしたら狂人で、俺ちょっと活躍しないとマジいわ、で霊媒で出るつもりだった狂人の可能性は0ではない。和田の白みはすごいあると思います。森本さんと俺で決戦でもいいぐらいです。森本さん」


2森本

「うーん、いまのでもうさらに増して、佐藤が狂人だな。だから、人狼に合図を出せてる状態。で、俺をいこうとしてる。人狼どっちかというと、さっきしゃべった感じでは、和田の方が真だと思う。熱量がある。岸が時間があったから出れた。だから、俺は岸」


3和田

「俺わかりました。岸は人狼で、人狼のもう片方に霊媒師で出ろって言われたんです。この二人は、両方とも白なんです。どっちかが本物でどっちかが狂人。岸がもう一人の人狼霊媒師ででろっていわれたので、めちゃくちゃ岸が怪しい。本物の人狼だと思います。だから岸」


4岡部

「うーん、これはもう森本さんかなぁ。占いからでいいとおもうけどなぁ」


5本鮪

霊媒でるタイミング和田からいったでしょ?パンパーンだったけど、パンパーンにしては、『俺も』って言った。俺も?(会場笑)。いやいや「俺も」は変だろ。で、岸が一回みんなが岸が真みたいな感じになったときに、一気にノってった。「そうだ俺は真だろ(身振りつき)」って。だから、俺はみんな言ってるけど、和田の熱量のあるし、和田が真だと思うんで、岸」


6寺内

「僕は今の時点だと、小林さんと森本さんが狼なんじゃないかな。和田さんの意見だと、裏切り者と人狼は打ち合わせできないんで。でも合ってるなと思いました。森本さんが占い師で出たのは裏切者が出ないのの間だったんじゃないか。それを見て岸さんが霊媒ででる。このパターンだとすっきりするな。残りの人狼誰かなって思った時、岡部さんは意見が強いからまだ疑わなくていいのと。最後の投票の時の中澤さんがめちゃくちゃいい視点だったんで、人狼ないな(そこで、長げーよと小林さんw)。残りの二人どっちかかなって時に小林さんかなと思ったんで、僕は森本さん」


7岸

「僕は完全に恥ずかしい感じになってますけど、「俺も」って、俺完全霊媒なんです。霊媒だけど、和田の方がいっぱい熱量できてるから、和田が疑われてないだけで、本当俺嘘で霊媒なんかいける人間じゃないんです。本当に。ストレートでしか人狼できないんですよ。本当に疑わないでください。(誰かにあやつられてるな、と和田さん)コイツなんか、やたらしゃべるな。ルール違反。で、和田か森本さんなんですけど、……森本さん」


8林

「和田の熱量、岸の熱量ない問題から、岸はぱっと熱を出すタイプでない。内に秘めたパワーで、マグマだなと。熱量としては、まんじゅうとかわらないくらい霊媒師してます。目見ればわかります。マグマしてます。(このフレーズ)気にいってます。それで、やっぱり人狼霊媒で出てくるほうが少ないのかな。あとのっかりで裏切りが占いで二人でてて、人狼が出る必要性が全くないので。で、佐藤にラン白もらってるし、二択でどっちか森本さんの方が黒いかなと見えてる。よっちゃんの意見も聞きたいけど、よっちゃん人狼の可能性もある。俺は岸、人狼はないと思うんだよな。ちょっと面白くするわ。中澤で(会場笑)」


9小林

「めちゃくちゃいいと思います。僕は見た感じ、岸さんが裏切者だったら、森本さんにのせないかな。まぁ、どっちにしろ和田さん真もあるし、こちらに人狼ないのかなと思ってるので、僕も占い師。森本さん」


というわけで、初日の追放は森本さん。無言で自分でプレートを外して、ネームプレートにマジックテープがついてなかった岸さんにマジックテープをあげようとしてたw
「そっかぁ。このイベント立ち上げて……」
長くなる、と止めるみなさんw。
「みんなが、みんなが決めて俺が死んだんでしょ。白を出したよっちゃん俺に投票したんでしょ。ダントツだよ。あいつ(林)は空気読んだだけだもんな。実際俺だもんな、あと何分使って(終わってくださいの声w)ありがとうございました」
「初めてだよ。場をつなぐなんて。なんで、後輩たちのライブの場をつなぐんだ!」
と、森本さんが吠えていたので、初日追放は、相当レアだったみたいですね。

第二日目「まさかの自爆」


噛まれたのは佐藤さん
その時、しれっと森本さんが出てきて座ろうとしてたw
霊媒結果は……。
和田「人狼でした」
岸 「白でした」
ここで和田さんが意見を言う。
「多分(佐藤さんが)本物なんですよ。岸は占い師が出るタイミングなくて、霊媒で出ないとまずいと思って。俺は(岸が)人狼だと思ってた。でも(森本さんが)人狼だったから」
「よっちゃんと岸で疑っているけど」
と言ったのは岡部さん。
「ないじゃないですか。白だから(森本人狼なら)」
否定する小林さんだったが、
「露骨に助けたから」
岡部さんも譲らない。
「林さんも大分あやしい」
と、和田さん。
「僕が殺したってことになってるんですよね?確白林さんじゃないですか?だってここ(森本)人狼ですもんね。」
小林さんが、佐藤さんが真ならラン白先の林さんが確白というが、両方からもらってないので寺内さんが否定。
「岸はやっぱ裏切者だよ」
どうしても思考の中心が相方になってしまう和田さん。
霊媒の中にいる可能性がある」
「和田さんが人狼の可能性があるってこと」
林さんと小林さんがそれぞれ言うと、
「じゃぁ俺追放されるわ。身代わりで」
と、和田さんが言い出した。
「岸さんが人狼の可能性もある」
「いや、ないなぁ。岸は」
寺内さんの言葉にも、和田さんはきっぱり。
「さっきの投票で岸にいれたの誰?」
林さんが話題を変えると、和田さんと鮪さんが手をあげた。もう一人は初日追放された森本さん。
「俺が追放されて、岸はほっといていいと思うんですよ。たぶん裏切者なんすよ」
「俺は生かしたほうがいいの?」
と、岸さん。
「(岸を)生かして、俺が代わりにいなくなれば、あとは5人で順番に……。人狼じゃないんですよ。俺と岸は」
「役職に人狼が二人もぐってない限り。岸さんの人狼は少ないだろうと。で、岸さんから見て人狼は和田さんしかいない」
寺内さんが整理する。
「岸は森本さんと俺が(人狼)」
「森本さんは白だから」
和田さんの言葉を岸さんは否定。
「佐藤さんの人狼だけない。裏切り者はあるけど。佐藤さんが裏切者の場合」
「林さんの白が薄くなる」
寺内さんの言葉に小林さんが乗っかった。
「えー、和田いくの安牌だよね」
ここまで静かだった岡部さん
「ってなったときに、ここ(残ったグレー)の信用勝負になる。岸さんは意見を持たない」
と、小林さん
さらに寺内さんに人形扱いされてしまう岸さん。
「人形でもいい。意見はいうよ。霊媒だから」
「裏切り者の可能性もある人形」
と、寺内さん。
「出れなかったろ」
相変わらず岸さんに言う和田さん。
「ラン白もらって切った、5票目入れたんだよね。佐藤さんのラン白は林さん」
「この二人(林と小林)の意見は」
珍しく本鮪さんが言った所で終了の合図がw

投票


1岡部

「俺、林が『投票むずかった』って言った意味わかんない。あれ、めちゃくちゃシンプルにいけたはず。バランスとる必要なかったし。黒側の人間じゃないと難しいって感覚にならないと思うんだよな。林」


2林

「俺がなぜ難しいかっていったのは、面白いの考えてただけなの。決定票になっちゃうから、よっちゃんが遊べないし、単純にエンタメとして難しいって言った。全然あれで森本さんと思った。3票と4票とかだったかな?岸じゃないと思ったから、同率にしちゃったら、よっちゃんにも可能性があったから、助けられちゃう。だから違う人をいれる難しさ。別に人狼探すの難しいっていう意見じゃない。僕はこのターンはまんじゅうでいいのかなって思うので、とりあえずまんじゅうで」


3 岸

「はい。僕は怪しいのは和田だけなんで、和田にいれます」


4小林

「これ人狼がこの時点で、1人落ちてるっていうのは、かなり有利な場かなって僕はちょっと思ってる。なんで、そうするべきかなって思うんで和田さんに」


5寺内

「森本さんがラン白を小林さんに打って、小林さんが吊った。決定票いれた。っていうので、もうないとして、二人がつながっているのは、なので可能性があるのは、和田さんが人狼か、森本さんか、林さんか岡部さんなのか。僕の目線だと。中澤さんがないということで。だけど、めちゃくちゃ白っぽいので、(和田さんに)3票はいってる。僕は林さんに2票目いれます」


6本鮪

「俺いれます。えー、えーっと、岸」


7和田

「これなんか、白ってのを信じてもらうために、俺はあえて、林さんにいれないでおこうかな?それって意味あります?」
みんなに意見を聞くけど、当然のことながらしゃべれないみなさん。
「俺は本当は白ってのを示したいんで、林さんに入れないです。なので、岡部さんめっちゃ白いと思ってます。うーん、省吾さんも入れなかったのあやしいしなぁ、まぁよっちゃん」


小林さんに入れた和田さんに、小林さんも思わず「自爆w」
というわけで、二日目の追放者は和田さん
「これで僕が嘘ついてないのは証明できたと思います。あとはよろしくお願いします」
見事自爆していきました。


第三日目「信用を得るためのGJ先騙り」


3日目はGJ
霊媒結果は
「あいつ真っ黒です」
と、岸さん。
「和田さん信じるなら、森本さん人狼で、岸さん信じるなら和田さん人狼で、人狼は1匹」
寺内さんが整理する。そして、岡部さんが仕掛けた。
「あの死に方は、和田の黒はほぼないじゃん。俺かなり細い線でさ、正直佐藤真を全く信じないで、佐藤のラン白先の林に投票してんの。俺かなり細い線行ったなと思った。勝つために差すのに逆貼りしてんだけど、それやれる人って少ないと思うの。俺がいったにも関わらず、結構林に入れるのむずいと思う。(寺内)のせたよね。俺意味わかんない。投票数合わせにいってるとしか考えられない」
「僕は林さんでもいいなぁと思った。」
岡部さんに疑いの矛先を向けられた寺内さんは冷静に返す。
「そんなわけない。林でいいって選択肢になるわけない」
「僕は林さんか小林さんどっちかだなって思ってるんで」
「テラのその意見では林は差せない」
「小林さん寄りっすけどね。今は」
「テラなんだよなぁ」
すっかり疑われたしまった寺内さんは、別の方向から信用を勝ち取りにいった。
「正吾さん……本鮪は絶対違いますよね?岡部さん目線」
「やっぱり『俺も』って聞いたのは……」
岡部さんも、中澤さんの『俺も』発言で白く見ている様子。
そして寺内さんは今度は岸さんに聞いた。
「岸さん人狼もう一人誰だと思います?」
「カベさん。カベさんでしょ?」
「林さんは?」
「全然テラとかあるけどなぁ」
「俺も寺内かな」
林さんの意見に小林さんも乗っかる。
「寺内だな。外せないな」
岡部、林、小林と3人に疑われた中で、寺内さんは勝負に出た。
「僕正吾さん守ったんですよ」
寺内さん、ここで騎士CO。
対抗は出なかった。
「いないっしょ。出れないよ。これは。だから、岸さん違う。中澤さん違う。だったら、僕は林さん、小林さんの二択」
「俺もそうなんだよな」
中澤さんがここで乗っかった。
「そうなると、初日早々でラン白出して切った小林さんなのかなって」
「そこしかなくない?」
「騎士だったら、マジであるな。騎士のGJが」
林さんと岡部さんも乗っかる。
「初日に俺は切りに行ったってこと?」
白アピである初日の決め打ちを持ち出す小林さん。
「ラン白もらってる占い師を切る。同票で決戦投票いかずに切りにいったってことは、切ったってことを印象づけるための作業にしか思えない。で、岡部さんが『僕が林さんに投票する意味わかんない』ってのは、めちゃくちゃ村っぽい」
「他いないすか?騎士」
小林さんが聞くが出なかった。
「僕が正しいこと言ってたから、初日の投票の時に、『長い』って一言いったんですよ。イライラでちゃって。正しかったから、僕が。残念だったね!」
「最初からこわかったもんね」
放置されていた岸さんが言う。
「なんだ下手だったんじゃ。人狼。上手いぽい感じ出してたけど、下手なんじゃない?」
「俺めちゃめちゃ上手いよ」
いつも下手と言われていた寺内さんがここぞとばかり仕返しw
「占い師二人でたときに、ローラーでいきましょうかって定説なのに」
中澤さんなりに違和感を感じていたようだが、
「3人の時。占い師ローラーは3人の時」
そこは教える小林さん。
「え、どうしよう。林さんだったら」
決めセリフを吐いた割には、本当に迷っていそうな寺内さん。
「いや、勝ったな。今のGJで対抗いなかったら、勝ちだろ」
「対抗でなきゃいけないもんな」
岡部さんと中澤さんが味方になった。
「俺人狼の可能性なくない?こっからラン白もらってるのよ」
と、言う林さんだったが、
「和田さんが黒だった場合、人狼の可能性が」
岸さんが真ぽい動きをしているため、和田林人狼の可能性も捨てきれない様子。
人狼であんな自爆する?」
ここでタイムオーバー

投票


1岡部「よっちゃん」
2寺内「小林さん」
3岸 「俺もよっちゃんで」
4本鮪「岸」
5林 「岸でもいい、おれはもうよっちゃんで」
天の声「というわけで、3日目に……」
まだ小林さんが投票してないのに、アナウンスしてしまったtokiyaさんに
小林「おえぇ?」
と、これには会場大笑い
天の声「一応よっちゃん」
6小林「岸」
というわけで、3日目の追放は小林さん
小林「あーあ」
天の声「村の勝利です」

感想:村が強かった。人狼よりも騎士がわからなかった(前回と同じ)

占い真狼、霊媒真狂の2VS2は、4月のライブも一緒でした。
初日佐藤さんが噛まれた時点で、佐藤さんが真占いと分かったうえで噛んだんだろうと。
そうなると、
森本さんが裏切者の場合、ラン白が繋がったので小林さん。
森本さんが人狼の場合、ラン白をもらっているのに、そこに言及せずに決戦に持ち込まずに決め打ちした小林さん
小林さんを疑った理由は、霊媒を出させようとしなかったのも大きいです。その理由は、後で裏切者を役職で出させないためと分かりましたが……。
和田さんと岸さんは本当に分からず、リモートと違って事前に打ち合わせできないだろうから、人狼でも出るんじゃないかと思ってしまいました。
まぁ、初日占いどっちもいなくなったから、霊媒に関してはローラーして、4日目小林さんにすれば村勝てるんじゃね?と
一応
人狼:小林・和田
裏切者:森本
占い:佐藤
霊媒:岸
と見てました。よくよく考えれば、和田さんが人狼だったら、自分を占えと言えないだろうと(だから初日は真か狂と思ってた)、それを思い出せばよかったです。

寺内さんの本当のGJ先は岡部さんでした。

GJがなく例えば鮪さんが噛まれていたりしたら、吊対象は黒要素の岸さんか、疑われている寺内さんかで、もしかしたら小林さんは逃げ切れたかもしれません。
見ている時は、「え?鮪さん」と、嘘ついた理由が分からなかったのですが、もしあそこで、すぐに寺内さんが岡部さんで騎士COをしたら、小林さんが対抗で出る恐れがありました。
寺内さんは、岡部さんの罠にハマって疑われてました。あの流れだったら、寺内さんは追放されていたかもしれません。
順番に騎士を吊れば勝てんじゃね?と思ったのですが、あの中には放置された岸さんがいます。
さすがに岸さんも、2人いた騎士の片方が残って4日目を迎えたら、人狼が誰か分かるでしょう
だから、疑われた以上人狼が対抗が出るのを警戒して、まずは本鮪さんを村置きさせて信用させてからの騎士COだったのかなぁと思いました。小林さんは、最初から潜伏でいったのかもしれないですが、結果的に騎士COを出せなくなったと思います。

2022/7/4追記

もし小林さんが騎士対抗で出たら、順番に吊るのではなく、まずは黒要素のある岸さんを吊って、岡部さんを連噛みして、4日目で2択、という展開もあったのかなと思いました。

佐藤さんは、今回も「ぜったい!!!」と和田さんを決めつけてましたが、1vs1の和田さんを見て、すぐ軌道修正して投票で1番で占いにもっていくのが佐藤さんの強さかなと思いました。
岡部さんは、霊媒が同時に二人出た時点で、人狼が出るメリットはないと、前回とは違って自信もって占いを差しにいくところが、さすが素村最強かなと。
本鮪さんは、相変わらずしゃべらないんですがw、その分ちゃんと人の話を聞いていて、『俺も』を聞き逃さなかったのは大きかったです。
林さんは、マグマを信じてましたけど、初日の投票で、小林さんを警戒してあえて票を散らしたのは自分でもそうしてたと思います。
和田さんは、役職で自分を占えと連呼するのは、占い師に貴重な一手を使わせることになるので、黒側でも同じようなパッションで、それができたら凄いと思います。

岸さんの伸びしろがすごい


とても裏切者を説得して改心させようとした方とは思えないです。
確かにあそこで岸さんがでちゃったことで、人狼が出るメリットはないと、森本さんの人狼の占い騙りが初期メン4人には透けて見えちゃったみたいですが、今回の霊媒騙りは、あそこが一番盛り上がったので「いい霊媒騙り」だと思いました。
それに、林さんや佐藤さんは、岸さんを真目に見ていたので、対抗が和田さん以外だったら、もっとグジャグジャになっていたかもしれません。
霊媒結果も、人狼が分からないながらも、ちゃんと白を出していましたし、岸さんは素で林さんを人狼と思っていたようで、計算じゃなくても、林和田人狼を作り上げていたって、中々できることではないんじゃないかと。だから、最後あんな決めセリフを吐いたのに、寺内さんの発言に迷いがあったのは、3日目も放置されながらも岸さんは真として振る舞っていたのもあるのかなと思いました。
森本さんは、不利でも、佐藤さんに入れて、占いで決戦に持ちこんだほうが良かったかもしれないですね。そこで人狼と裏切者がお互い入れ合っちゃたのも大きいと思います。今回は不運としかいいようがなかったですが、貴重な初日追放が見れたので、そういう意味でもライブ的に良かったです。
小林さんは、GJが不運でした。初日寺内さんが誰を守ったか不明ですが、これだけ初期メンに占い真狼と見えちゃった以上、最短決着を覚悟して、他の初期メンを噛んで、佐藤さんと勝負も見たかったです。
岸さんが出たことによって混乱する和田さんが面白かったです。和田さんの発言から何回「岸」って言葉がでたかw

ハンター村も、ハンターの打ち方が多種多様で面白かったですし、森本さんも消化不良だと思いますし、次のライブが早くも楽しみです。

父親の期待に応えようと頑張っているのに報われない役が似合いますよね

オムイズムVol7「探求」見ました。

話は非常にシンプルで、30年前に病院の手違いで取り違えられた二人の赤ん坊。1人はwifiも携帯の料金も払えない汚部屋の探偵事務所を経営する遠山巧(中山優貴)。もう1人は来年上場が決まった川崎不動産の二代目社長の川崎大志(榊原徹士)。その探偵事務所に息子を探すように依頼してきたのは、巧の本当の父親であり川崎不動産会長で先代社長である川崎志郎(篠原巧)だった。

1回見ただけでも、十分わかりやすかったです。

探偵事務所サイドが巧さんと恋人の美和さん、みんなの癒し系の相棒薫くん。

それに対比するように、大志さんサイドには妻の愛さん、秘書の白峰さん。

志郎パパに、取違い事件を追いかける雑誌記者の條辺さん、そして川崎不動産の清掃員である伊東さんと、受付の希さんの10人

普通なら、巧と大志のそれぞれの母親とか、大志の実の父とか、病院関係者とか、色々登場人物は増やせたのに、10人に収めただけでなく、巧さん側と大志さん側が対に見えたので、初見でも「ちょっと待って。さっきの聞き返したい」というのがなく、全体的にわかりやすかったです。

もちろん、2回目見た時は、ずいぶん違った所もありました。リピートするにしても、初見でまず全てを理解した上で、違いを楽しむものだと思うので、そういう意味でも良かったです。

「修羅の世界」を思い出しました

ついこの間公開されていた「修羅の世界」を思い出したんですよね。

 

utusemi0201.hatenablog.com

「修羅の世界」の才賀くんは、4代目組長の実の息子だった訳ですが、甘やかされて育ったとはいえ、所々で父の円月の血を引く凄みがありました。

それを引きずって序盤見ていたので、2代目社長といっても、普通に「できる」冷徹な社長に見えたのです。でも、こっちの大志くんは、1代で上場まで上り詰めた父志郎の血を引き継いでいなかったわけで、條辺とのお金の交渉から、見せかけだったのがバレ始めます。見せかけどころか、実はポンコツで、職場では父親を社長ともいえないバカ息子でした。でも、お父さんを尊敬していて大好きで、巧さんの存在を知ってからは、余計に二代目社長として応えようと頑張っていたんだなと思えます。

清掃員である伊東さんと、受付の希さんは、本編には直接かかわってはいないけど、その二人のユーモラスなやり取りは、劇でもいい意味でクスっと笑えるシーンが多かったです。でも、希さんの仕事ぶりを見ると先代社長の志郎パパは採用したかしらとなると、大志くんの器もわかりました。

追いチケしなかった理由

久しぶりの舞台で、さらに6月なのに尋常じゃない暑さで体力がなかったというのが一番大きいかもしれないですが、所々ストライクゾーンから外れた要素があったからだと思います。

まず大志の子供は出ないのに7歳にしたこと。大志の年齢が数え年で31としても、大学卒業して社会人になったと同時に見合いしたのかと。その頃は実の息子だと思っていてバカ息子だったから、孫に期待しようとしたとかにしても、7歳にしたことで、余計に志郎パパの思惑がよく分からなくなってしまいました。徹士さんも32ちゃいなので、7歳の子供がいても、おかしくはないんですが、中山さんも最初の印象で24歳くらいだと思っていたので、余計に実感が湧かなかったというのもあります。社長室の机の写真も子供が映ってなかったですしね。

もう一つは面白くて、話に引き込まれて、1時間50分というのも集中力的にはちょうどいい時間だったんです。精密に組み込まれた話に思えました。でも、それで満足しちゃったというのもあります。確かに大楽では、1回目見た時よりも、大分演出とか違った箇所もありました。昔の自分だったら、そういうのを箇条書きにして書いたかもしれないです。実は病院側のミスというのは表向きで実は……とか、さらっと終わった巧の過去の話とか、そっちの方を掘り下げて見たかったかなというのもあるかもしれません。

 

久しぶりに見た舞台が探求で良かったです。

我ながら狭いストライクゾーンなので、見逃して見逃して本当に見逃してやっと買った舞台でした。大志くんは、バカ息子でポンコツでしたが、アドリブはほとんどなしに、川崎志郎の息子という唯一の希望の意図を断ち切られ、苦悩する姿を見ることができ、本当に良かったです。強いて上げれば、ずっと下手だったので上手で見たかったです。

このご時世なので、無事9公演終えられて本当に良かったですし、これからもお芝居を見に行こうと思えるようになったのでありがとうございました。

ヤングゲート220528「ペンが倒れた方で頼む。滑狼の神様」

第一試合「滑狼二人が、二日目の議論でほとんどしゃべらず圧勝w」

大喜利の回答で、面白かったなぁと思ったのは、佐伯さん、寺内さん、おーちゃんさん。この人は滑狼じゃなさそうだなぁと思ったのは、小林さんとタイさん……と残り5択まで絞ったのですが、分からなかったので、トニーさんと千葉さんかなぁと思ったら大外しでした。

全体的に不運続きだった。

トニーさんと脇田さんが「ゴメンネ」でまさかのカブりだったのが不運で、それでコンビと疑われてトニーさんが初日噛まれたけど、本当のコンビ芸人の相方はおーちゃんさんだったこと。
滑狼でも、初日スターだった寺内さんがマッスル芸人だったこと。
その寺内さんは、遺言で決定打を入れたノリさんを滑狼だと残しましたけど、夜のターンで誰も話題にしなかったことw
バビロンさんとトニーさんとシシガシラさんはお初でしたが、その中でも比較的滑狼力が高そうに見えたトニーさんとおーちゃんさんがいなくなったら、さすがに小林さん1人では歯が立たなかったなぁと思いました。

敵は村側にいた。

さらに不運だったのは、初日寺内さんと決戦にあがってた脇田さんが占い師だったこと。
その脇田さんは、最初に自分に入れたタイさんを疑い、占うも白。
運が悪いことに裏切者だったタイさんは、占いをCOし、脇田さんに黒打ち。
この時点で、
・脇田さんが真占いなら、タイさんは村側か裏切り者
・タイさんが真占いなら、脇田さんが滑狼
残ったメンバーで、前者の可能性を追う人間が、小林さん以外いなかったw
千葉さんに至っては、整理しようとする小林さんを脇田さんと結託していると疑ってしまう😅
ガチ人狼と違うのは、投票の順番が決まっている。もし小林さんが一番だったら、きっと自分の推理と寺内さんの遺言を思い出して、説得してたんじゃないかと思うけど、仮に佐伯さんと脇田さんの票は動かせても、千葉さんは難しかったろうなぁ。

浜中さんの潜伏も見事だったけど、特にほとんど喋らず勝てたのも大きいですね。

そっか。滑狼だとパワープレイはないのか。

人狼だと、人狼2裏切者1村2だと、パワープレイになるけど、滑狼だと裏切者はカウントされないから、2日目の襲撃の時点で襲撃が成功したら、その時点で勝利となる訳ですね。パワープレイされる小林さんが見たかったです😅

第二試合「ランパンプスのお二人は村の役職だと特に強い」


大喜利の回答は、ノリさん、浜中さん、千葉さん、タイさんあたりで、浜中・タイと予想したけど、これも大外しでした。

GJでおーちゃんさんが生き残ってたら分からなかったかも。

1日目の夜小林さんが、おーちゃんさんを守ったのに、捕食されてしまった。という時点で、おーちゃん=滑狼がわかってしまう。
となると、縄計算できる二人が役職だと強い訳で。
実際、双子ありの10人村と変わらないから、普通なら多くて4日決着で残る縄は3つ。

・マッスルをCOし、

・滑狼にはバレているからと、大御所芸人の浜中さんをCOさせる。

・さらに寺内さんが占いで出て、対抗が出ないと分かると、

・コンビ芸人のタイさんと千葉さんをCO。

この時点ですでに5人めくれて、残る縄は3つに対し、残りはノリさん、脇田さん、佐伯さんの三人。

つまり、順番に追放すれば勝てるからと、小林さんは、すべてオープンさせました。

しかし、寺内さんも寺内さんで、万が一のケアを考えて、あえて残りの二人(脇田さんと佐伯さん)ではなく、小林さんを占うことに。ただし、これは小林さんも分かっていたようで。
まさに人狼脳をフル回転してる二人なので、シシガシラのお二人がドン引きするのも分からなくもないですw。普通なら、ノリさんは追放されたから、脇田さんか佐伯さんどっちか占えばいいのに、なぜ寺内さんがマッスルの小林さんを占ったのか分からないって脇田さんが言ってたのが印象的でした。


夜の千葉さんの会話は聞こえないからしょうがないにしても、佐伯さんに残された方法は、小林さんを滑狼に、小林さんを白打ちしたのを逆手に取って寺内さんを裏切者にすれば(初日追放されたトニーさんが真占いとする)、ワンチャンいけたかもしれないけど、たぶんあの二人のことだから、本物のマッスルは?とか聞かれたら、厳しかったでしょうね。この場合マッスルはノリさんで押し切るしかなかったことになりますが…。

普通の初日の夜GJだったら、こうはならない。

仮に小林さんがノリさんを守ってGJだったとしても、9人いるから、大御所とコンビをめくって、仮に寺内さんを占い確定させても、1人余ってしまう。

もし、カウンター回避GJが成功していたら、小林さんはおーちゃんを滑狼じゃないと思って守ってたから、これで滑狼を連続ガードしていたら、それはそれで面白かったでしょうね。さすがに、今後はカウンター回避GJはあったら忘れないと思います。

滑狼には霊媒がないけど

やはり人狼ができる人が有利だと二戦目見て思いました。霊媒がなくても、3日目まで生き残ってたら、5人か6人。特に6人残っていると、GJがなければ自分以外はコンビと大御所は確実にいる訳で。逆に5人で3日め迎えると、1試合目のように裏切者はカウントされないから滑狼2裏切り者1はありえないので内訳は、

自分

大御所

確実に村の人一人

滑狼2人or滑狼1人だと残りは裏切り者か村側

となるんですよね。それだけ、大御所という役職は強い。裏切り者が騙るとしたら、霊媒以上に難しそうだなと思いました。仮に大御所を騙っても、本物の大御所が出て大御所ローラーにもっていければいいけど、まずは潜伏すればいいし、大喜利得意な芸人さんが対抗で出たら、ローラーに持っていくの難しそうですよね。

2022/06/16 追記

自分が見てきた滑狼が、大御所のみなさんの大喜利が上手なのかすべて生き残っていたので、大御所も追放されることをすっかり忘れていました。とはいえ、大喜利の回答があるので、普通の役職のCOと比べ、大御所のCOは分かりやすいのではとも思います。

でも、人狼に慣れている人ほどやりづらい面もあると思う。

連続ガードができるのと、投票の順番が決められているのが地味に響いてると思います。決戦で同数だと両方退場もですね。ガチだと、そこで弁明があるので…。

決戦に関してはジャンピングスクワットじゃダメですかね。森下さんも言ってましたけど、バビロンさん有利になっちゃいますが😅。

それは置いといて、ガチ以上にタイマーがあるから時間もシビアなんですよね。だから、1戦目の小林さんは、自分の弁明に追われていたようにも見えます。

あと人狼やりすぎているから、人狼慣れしていないメンバーにはそれだけで疑われるというデメリットもあることも知りましたw それと、大喜利の回答が、芸人さんだからこそ、本当に大きな手掛かりになって、そっちが推理のメインになっているのかなとも思いました。

その人狼だと逆にやりづらさがあるのと、滑狼芸人さんの動きが全く読めないので、滑狼は滑狼として楽しめてます。

人狼で見たいなぁと思った芸人さんは

トニーさんは、1戦目でもタイさんが裏切者だと推理してたし、捕食された時は千葉さんを疑っていたけど、アレはしょうがないです。何より、2戦目で最初に吊られた時に、裏切者でも「役職あります」と言ってました。やはり人狼は騙らないと駄目だと思うので、追放されちゃったけど、おーちゃんさんのカウンターGJが成功し、トニーさんが占い騙ってたら、ランパン二人が対抗できたか見てみたかったです。